徹底解剖・スク水はこうして塗れ(大上段)


これの塗り方を簡単に解説せねばなるまい。
使用ソフトはPainter6。


1)肌と髪の毛まで塗り終わった状態。
ここからぐりぐりスク水を塗ります。


2)まずベースになる色を濃淡つけずベタ塗り。


3)水彩細筆で影色を大まかに置いていく。


4)乾燥状態のスク水の場合ハイライトは抑えめの明るさで。
ブラシサイズを小さくしてエッジを際だたせたい部分にだけ置く。


5)ハイライトよりもさらに抑えた明部を描き起こす。
スク水のもたついた質感を表現する場合においてのキモとも言うべき作業ですから
愛情を込めて楽しくやりましょう。


6)ハイライトが太すぎる箇所は影色をもう一度置きなおして修正。
Painter6では未乾燥の水彩ペイントから色をスポイトすることはできねえのだが
『Painter6、6.1関連 テンプレート集』さんが配布中のPainter6.1パッチを当てることで
これが可能になります。すげえ便利。

パッチはWin用だけなのでマカーさんは……泣いていい…。


7)ハミダシを水彩消しゴムで消していく。


8)できあがり。なんて役に立たないプロセスだ。


引き続きましてこれの塗りを解説だ。


1)前回同様、肌と髪の毛まで塗り終わり。


2)そして前回同様ベースの色を置く。
乾燥状態よりこころもち暗め。


3)先に大まかな明部を決めてしまうのが水濡れ塗りの違い。
ってまあ人それぞれなんだけどオレはこれで。全体の光線の具合を決めるのがやりやすい。


4)ハイライトを入れる。
水塗れスク水のどこにどんなシワが入るかは資料写真なんかを参考にしながらあれこれ考えつつ。


5)暗部にはかなり濃い色を。
ちょっとつけすぎじゃないかぐらいにコントラストをつけた方がそれっぽくなる。


6)シワのハイライトに沿ってその上下に影をつけると水を吸った生地の質感が出しやすい気がする。


7)どんどんディテールを増やしていく。
これもやりすぎじゃねえかぐらいまでやった方がいいがホントにやりすぎると逆にウソくさくなるので
自分の絵柄と相談して折り合いをつける。


8)だいたい塗り終わり。


9)水彩消しゴムで輪郭を削り出す。


10)暗すぎてわかりにくいところは水彩境界(パレット左下)を少し上げて見やすくしながら。


完成ー。